4月 上野国立博物館庭園から谷中へ

4月3日(火)のお花見見学会では上野の東京文化会館前で集合し、東京国立博物館の奥に広がる日本庭園の特別公開で、もと東叡山寛永寺の御本坊エリアだった深山幽谷の趣を堪能したあと、天海僧正ゆかりの根本中堂(本堂)で徳川慶喜が蟄居謹慎していた「葵の間」を見学しました。2万5千体の地蔵が並ぶ圧巻の浄名院を経て、徳川慶喜が眠る谷中までの散策を愉しみました。途中、ご好意により旧平櫛田中邸を特別に公開して頂き、素晴らしいアトリエを拝見することもできました。

(会員12名 一般10名 計22名参加)

日本通

わくわくする楽しさで歴史にアプローチ! 日本人とは何か……。 日本通の主宰する『わくわく歴史塾』では、この問いかけを携えて、 先人たちの生きる姿や歴史を身近に引き寄せます。 そこから生きる知恵や勇気を獲得し、これからの国際社会の一員として、 日本人の姿を見つめ直していく歴史講座を毎月開講中です。

0コメント

  • 1000 / 1000